当て逃げ増加傾向

クルマ嫌い世代や高齢者の増加との関係は不明ながら、駐車場での当て逃げが増えているという。ナニを隠そう私も直近で3回ヤラれ、1回ヤラれたクルマを見ました。ヤラれたの見たの、スキー場の駐車場。私のナナメ後方に駐めていた人が怒っている。キズ見たらスノーボードかスキーのエッジ当たった感じ。

私のV40はコストコでドアミラーを潰されたらしい。大きなキズこそないものの、内部のフックが折れており、段差出来てしまった。キズ無かったのでいいや、と思って逃げたんだろう。その他、コストコでは買い物用カートをクルマに接触させ擦り傷を付けられるケースが多いようだ。誰だか解らないだろうと逃げちゃう。

ちなみにコストコはレンタカーなど借りて来店する人も多い。レンタカーじゃ愛車精神みたいなものは無いでしょうね。リーフもショッピングセンターの駐車場でフロントバンパーにキズを付けられしまった。キズの位置&形状からすると自転車のペダルだと思われる。これまた「誰も居ないので逃げちゃえ」。

一番酷かったのは昨年の新城ラリーの際、駐車場でブツけられたキズ。明らかに金属バンパーによるものなので、やったのはトラックでしょう。インサイトのリアバンパーとボディに深いヘコミが出来ていた。保険会社に聞いてみたら、高齢者の当て逃げも増えているのだとか。ブツけてそのまんま走り去る。

どうやって防衛したらいいか? 少し歩くようになるけれど、なるべく左右にクルマが停まっていないスペースか、人通りの少ない位置を探すしか無い。強風の時はドアを開けた時に風で大きく開くような方向に駐めないというのも大切。ということを日頃注意している私ですら被害に遭うんだからどうしようもないか‥‥。

防犯カメラを装着して回しておく、というくらいしか有効な防御策はない? ちなみに警察に届けても、ほとんど相手にされません。当て逃げ犯は被害者が自力で捕まえなくちゃダメなのだ。消費税率上げて新車を買った人は十分に注意して頂きたい。車両保険は相手を特定できないと使えないタイプもある。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ