新型フィットは?

メディア向けの試乗会は9月中旬過ぎになってしまうが、すでに街中のディーラーに行けば新型フィットにいくらでも試乗出来る。ということで昨日ハイブリッドのハンドルを握ってみた。意外だったのがスタイル。私は最初から嫌いじゃ無いけれど(ギョウカイではなぜか不評)、なかなか存在感あります。


にハイブリッドのエクステリアはヒカリモノが多く、コンパクトカーながら目立つ。乗り心地は新車だったためか若干粗っぽかったものの、「プロトタイプくら
いに仕上がってくれればモンク無い。課題だったツインクラッチのスムースさも合格点。弱点である停止状態からのフル加速は試せませんでした。

残念ながら私も海外に出てしまうため、役に立つ市販モデルの評価をお届けできない。これから予約しようとしているなら、是非とも自分でハンドルを握り判断して頂きたいと思う。ちなみにトヨタは早くも新型フィットHV対応を開始している。アクアで競合すると、魅力的な条件を出してくるのだった。

加えてプリウスの値引きも25万円を突破! フィットHVの上級グレードだと、装備内容を考えたらプリウスと大差なし。クルーズコントロールすら選べないアクアと比べれば圧倒的に質感の高いフィットHVながら、プリウスと比べられてしまえば厳しい。トヨタの巻き返し、思ったよりパワフルかと。

1,3リッターの最廉価グレードについちゃ試乗出来ておらず。こちらもニーズは大きいと思う。というjか、長い目で見ればフィットの大きな売れ筋グレードになること間違いなし。なるべく早くハンドルを握ってみたい。おそらくライバル対決すれば、多くの項目で1位を獲得出来ることだろう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ