新城でお披露目されたC-HRの価格&装備判明!

新城ラリーで正式発表前のお披露目をしたC-HRながら、すでにディーラーに対し価格や装備表を配布。見込み客への営業も開始している。価格や装備内容など公開しており、事実上の販売開始といった雰囲気。まぁ実車をイベントで披露するくらいだし、そもそも全くの新型車。ライバルにユーザーを持って行かれるなら早出ししましょうということか?

概要は以下の通り。エンジンラインナップだけれど、プリウスと同じハイブリッドを採用するFFモデルと、オーリスなどに搭載されている1,2リッター直噴ターボ+4WDの2タイプになる。ハイブリッドを選べばFF。1,2リッターターボは4WDということ。価格は13万円しか違わない。ちなみに1,2リッターの売れ筋『S-t』で251万6400円のハイブリッッド『S』が264万6千円。

パワーユニットによる最大の差は燃費で、ハイブリッドが30km/L。1,2リッターターボ15,2km/L(レギュラーになる)といった具合。絶対的な動力性能に関しちゃほぼ同じだと考えていいだろう。雪道を走る機会の多い人を除けば、皆さんハイブリッドを選ぶと思う。その場合、最大のライバルはディーゼル搭載のCX-3ということに。価格ガチである。

いや、C-HRはプリウスと同じレーダー使った上級の自動ブレーキ+全車速クルコンや、サイド&カーテンエアバッグを全グレードに標準装備。走りも、どうやら本物ザックスを使い、ヨーロッパ車のような上質さを実現しているという。欧州ザックスを本当に使っているなら、足の良さを自慢しているCX-3だって(フロント日立。リアはショーワ)厳しい。

実はTNGAってスンゴク凝ったリアサスを持つ。プリウスの場合、KYBのダンパー使った減衰力をフニャフニャにしなければらず、基本性能良さを全く引き出せなかった。本物ザックス採用なら相当期待していいかもしれません。個人的に期待したいのは、WRC用をベースとした270馬力級の高性能型1,6リッターターボ+4WDのスポーツモデルですね。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ