日本は多段ATよりCVT有利!

驚いたことに”ほぼ”フルモデルチェンジしたサクシード/プロボックスのATはCVTだった! CVTって耐久性が弱点とされており、商用車などヘビーデューティな使い方をするクルマ用として使われるケースなど皆無。されど慎重なトヨタが採用に踏み切ったのだった。

もう1つの「う~ん!」は新型デミオのJC08燃費。どうやら1,3リッターの6速ATで24,6km/Lになるようだ。この燃費、フィットの量産モデルと全く同じ。フィットの場合、1020kgのボディに100馬力の1,3リッター4気筒を搭載し、CVTで駆動してます。で、139万9千円。

新型デミオは凝った直噴システムを採用する圧縮費12のスカイアクティブGを1030kgのボディに搭載。低転がりタイヤと組み合わせ、やっと24,6km/Lに届いた。おそらく「フィットに負けるな!」が開発の合い言葉になっていたことだろう。大きなハンデとなったの、6ATだと考えます。

CVTならJC08モードに合ったギアレシオを無段階に使え、しかも高負荷状態での走行も無いため引っ張り抵抗(高負荷状態でスリップすると壊れてしまう。そいつを防ぐべく、強いテンションを掛ける)を最小限に済ませられる。耐久性さえクリア出来れば、日本向きのATかと。

じゃなんでデミオはCVTを止め6速ATにしたのか? 燃費だけで無くメインテナンスなどを含む海外での使い勝手を考えれば圧倒的に6速ATの方が良い。日本仕様にCVT。海外仕様は6速ATという作りワケはコスト的に厳しいということです。マツダの選択も納得出来る。

気になるのは実用燃費。果たしてドチラが良いだろうか? ちなみにデミオの価格はフィットより少し安い135万円。値引きなど考えれば、フィットより実質的に5万円くらい高くなると思う。最高出力だって92馬力と低い。CVTを採用してたら、余裕で26km/Lを超えられたろう。

話はトッチらかったけれど、日本のような使い方だと変速機はCVTがベストかもしれません。アメリカも日本の使い方と極めて近いため、CVTの信頼性や耐久性がクリア出来ればCVTになっていくと思う。トラブルの出やすいツインクラッチは、もしかしたら将来的に厳しい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ