日産は脱亜入欧か?

日産はメキシコでダイムラーと共同の工場を作り、2017年から『インフィニティQ30』の生産を開始する。Q30はゴルフやAクラス、V40などと同じCセグメントのFF車。インフィニティ初めての「世界規模での量販狙い」になります。デザインもなかなかイケてると思う。

6281t

シャシはベンツAクラスと共通。エンジンも2リッター4気筒ターボについちゃスカイラインと同じになる。ヨーロッパ向けにベンツのディーゼルを搭載するようだ。ここにきて日産はベンツの協業を拡大してきてます。されどQ30あたりのシャシやエンジンなら日産製で十分イケると思うのだけれど。

日本でもレクサスCTやVWゴルフ、V40、Aクラスくらいの価格で販売するならけっこう売れるかもしれません。特にディーゼルを400万円くらいで入れることが出来れば燃料コストでCT200と真正面から勝負出来る。スカイラインに続くインフィニティエンブレムのクルマになる?

もう1つ日産関係。現在に三菱自動車が100%生産している軽自動車(NMKVの工場は三菱自動車)を、今後自社で生産するという。実際、今年売れたNMKVの数字を見たら、日産ブランド8万6千台に対し三菱自動車ブランド2万9千台。だったら自社で作ろう、になりますワな。

日産としても輸出車は可能な限り海外で作りたい。加えて国内販売が伸び悩んでしまっており、九州工場などの稼働率をみると低迷傾向。当然ことながら軽自動車を作って工場の規模を維持したくなる。今後の売れ行き次第じゃNMKVから抜け出すこともありうる。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ