日産も自動ブレーキ採用

12月に発売となる次期型エクストレイルは単眼カメラ1つによる自動ブレーキシステムを大半のグレードにオプション設定してくるという。単眼カメラでも相当正確に距離を計測出来るため、レーザーと同じような役割を持たせられるのだった。しかもカメラなら歩行者や車線も判別可能。コストだって安い。

カメラは悪天候に弱いと思っている人も多いようだけれど、レーザーセンサーと比べれば圧倒的に強い。大きな弱点はないと考えます。ただ稼働速度域がイマイチかも。最低車速は10km/hとのこと。つまり9km/hだと衝突してしまうワケ。ダメージはタイしたことないけど、当たらない方が良い。

また、自律自動ブレーキはヨーロッパ向けの装備なのだろう。アダプティブクルコンどうなる? 現時点で情報を出していないけれど、ミリ波レーダーを使うタイプか? だとしたら単眼カメラと協調制御してやることにより飛躍的に稼働速度域を大きくすることも可能。そのあたりは情報出てくるまで待ちたいと思う。

これで自律自動ブレーキの普及を行っていないのはトヨタだけになった。いつになったらトヨタも実用化出来るだろうか? 次期型ノア/ヴォクシーあたりから出してこないと「トヨタどうした?」と言われちゃいます。トヨタにとってハードルの高い技術なのだろうか。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ