日産&三菱の軽自動車、盛り返す?

間もなく日産と三菱自動車の軽自動車に、単眼カメラセンサー式の自動ブレーキが付くと日経が報じている。日産の単眼カメラは他の軽自動車のレーザーセンサーより圧倒的に高い性能を持つ。自動停止こそ30km/hとされているものの、稼働速度域は80km/hまで。

つまりミリ波レーダー使う自動ブレーキと同等の性能を持っているワケ。雪道や大雨、ジャリ道じゃ無い限り30km/hで自動停止出来るという性能も、マージンを確保してあるらしく、ドライの舗装路なら40km/hからでも止まれるだけのスペックを持つ。加えて歩行者まで感知可能。

現在ノートが絶賛無料サービス中で、イッキに販売台数を盛り返しつつある。キチンと宣伝したら、もっと売れるだろう。ライバル車の自動ブレーキは31km/h以上になったら付いてないのと同じですから。この自動ブレーキが軽自動車に装備されるようになったら素晴らしい!

イッキに形勢逆転です。私も軽自動車のイチオシにすることだろう。ということでライバルも可及的速やかに31km/h以上で稼働する自動ブレーキの展開を進めるべきだ。ここにきてセンサーのコストが大幅に安くなってきた。なかでも単眼カメラはシンプルだし歩行者も見える。

こうなると気になるのが未だ情報出てこないトヨタの自動ブレーキ。安価で高性能だったらイッキにトヨタ車の評価を高めることだろう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ