東京モーターショー

いくつかの「サプライズ」を残しちゃいるものの、東京モーターショーに出展されるクルマがほぼ出そろった。改めて思うのは「なんでスポーツカーとSUVばかりなの?」ということ。クルマ好きはスポーツカーとSUVにしか興味を示さないと考えているのだろうか? あまりに短絡
的です。スポーツカーもSUVも特殊過ぎる。

軽自動車だって同じ。スポーツカーかSUVか没個性の実用車かの三択になるだけです。そんな中、少し雰囲気の違う『ハスラー』(スズキ)の人気ぶりを見ても解る通り、多くのクルマ好きは40年くらい前に乗ったようなモデルをほしがっている。いわゆる「レトロ」というヤツ。アメリカも欧州も人気であります。

ホンダのN-ONEなんか惜しかった。カスったかもしれません。なんで
N-ONEが厳しいかとなれば、オリジナルのN360と全く違うから。N360、車高低い乗用車ですから。N-ONE、背が低くてスポーティな雰囲気が出てればずいぶんイメージ違うと思う。Wワゴンともキャラもろかぶりにならなかったのに。

コンセプトカーでいいから、初代セリカとか117
クーペ、箱スカ、バモス、初代FFファミリア、ジープみたいなモデルを出してみたら面白い。どんな反応が返ってくるだろうか? パワーユニットにハイブリッドやディーゼル、電気などを採用することにより、新しい時代に入れると考えます。ヲジサンは買う!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ