東名雪で記録的な渋滞

雪をナメている人が多過ぎる! 雪道はF1ドライバーでもWRCドライバーでも夏タイヤじゃ走ることなど出来ない。物理的にグリップしないからだ。東名道で発生した40kmもの大渋滞だって、キッカケは夏タイヤを履いていた無知のドライバーである。降り積もる雪の抵抗に勝てなくなり、ストップ。

間違いなく手前から怪しくなっていたハズだ。その時点でPAやSA、緊急避難でバス停に入って状況を判断すればよかった。本来ならこういったドライバーを、安全運転義務違反で取り締まるべきである。取り締まることにより、啓蒙できます。無知厚顔なドライバーが社会に与える損失は大。

なのに罰則は全く与えていない。街中などで走行不能になり路肩に止まっている車両も、全て駐車違反で取り締まなくちゃならぬ(もちろんオタンコなドライバーに巻き込まれてしまったようなケースは除く)。地球温暖化の進行で(ぷっ!)、これから雪が多くなるかもしれない。そろそろ警察も動いて欲しい。

15日(土曜日)は、本来なら雪道など走れるスキルの無いドライバーを多く見かけた。タクシーやコンビニの配送トラックなどが特に酷い! 参考までに書いておくと、二種免許を取る際に雪道の走り方など習わぬ。雪道の経験の無いタクシードライバーってドシロウトと同じでございます。

自信のないドライバーは雪が降ったら乗らない。これが基本だと思う。また、タクシーやコンビニ、宅急便のドライバーについちゃプロなんだから、自主的に休日は雪道を走りに行くなど自己研鑽して欲しい。氷上のドラテク教室だってある。「仕事だから慣れない雪道を走らなくてはならない」なんて言い訳にならぬ!
 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ