株は買い時?

直近の2週間で株価は大幅が下落した。自動車メーカーの収益状況についちゃまったく変わらず。というか、むしろ絶好調と言って良かろう。景気は「気」だと言われるけれど、その通りかもしれない。少しでも良い方に「気」が傾けば、またぞろ株価は上がっていくことだろう。ということで買うなら好機到来だと考える。

もちろん「絶対」とは書かない。そんなモン解ったら今頃売れない自動車ヒョウロンカなんかやっていないです。ただ大いなる可能性を持っていることは間違いないと思う。特にトヨタと日産、ホンダあたりは「買い気分」になれば上がる可能性大。この3メーカー、円ドルレート90円だって素晴らしい数字を出せます。

例えばホンダの場合、5月に4405円まで上がり、昨日は3670円。次に上がれば、5月の高値を超える可能性ある。367万円買うと450万円になる、ということ。もちろん株についちゃシロウト同然の国沢のことなど信じないで欲しい。基本的に株は長く持つもつもりで買うべきだ。お金余っているなら考えてみたらいい。

いずれにしろ、このままの世界状況なら自動車メーカーの2013年度決算は素晴らしい数字になること間違いなし。数字を見て株式市場は必ず反応することだろう。現在の株取引は1日単位というより秒単位で動いている。全体の流れを見たら面白いのに。くれぐれもオウンリスクでお願いします。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ