格安ホイール上等!

玉石混淆の世の中になった。ナニが良くてナニがダメなのか非常に解りにくい。タイヤなど好例。1本2500円という安価なタイヤもあれば、同じサイズで3万円以上するタイヤもある。そこには性能や品質の裏付けがあると私ら信じてます。良いと思っているから高いお金を出す。ホ イールも同じ。

4142t.jpg

見た目も良い製品が少なくない

競技用のホイールは高い。1本5万円以上するほど。当然の如く普通のホイールより性能良いのかと思っていた次第。しかし! リーフでラリーをするにあたり、 ホイールに回す予算無し。スポンサードもしてくれないし。そこで1本1万1千円の台湾製(安売りホイールの中でも評価高いタイプ)を使ってみた次第。

するとどうよ! けっこう激しい条件で使ってみたが、大きな問題なし。昨年の新城ラリーじゃSタイヤでフルに荷重掛かったフルバンプ状態でキャッツアイを6連発くらい踏むも、サスペンションのアッパー部分のピロボール壊れたのにホイール異常なし。側溝に落ちて「ガキン!」とやった時も、曲がったのみ。

4141t.jpg

割れないし空気漏れも無し

大きなギャップ踏んだ時だって曲がった。折損したり、割れたりしない。普通の使い方なら100%心配ありません。デザインだってアルミホイールは定番があり、そいつを踏み外さなければカッコ良い。最近はホイール屋さんも雑誌に広告を出さなくなった。宣伝しても売れないと言うことなんだろう。

「高いホイールじゃないとダメ」という常識が間違いだったことに気づいたのは良いニュースだと思う。たださすがにグラベルのラリーについちゃ安売りだと厳しいかもしれません。これまた次のプロジェクトでグラベル競技用のホイールを安価に入手出来なければ安売りホイール遣うだろうから確認出来ます。

もちろん安かろう悪かろうのホイールだってある。だからこその玉石混淆。スタッドレスタイヤ用にノーマルホイール使い、夏タイヤにカッコ良い安ホイール使うなんていかがか? やっぱしホイール交換はクルマ好きに取って基本中の基本でしょ。なるはやで評判良い安ホイールのリストを作ります。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ