次期型アコード凄い!

ホンダのディーラーで新型アコードの情報を流し始めた。データを見せてもらったら何と! ウワサ通りJC08燃費30km/L! プリウスの『G』や『S』グレードが30,4km/Lだから、ほとんど変わらず。アコードと同じクラスのカムリHVは23,4km/Lなので圧倒的な燃費と言ってよかろう。凄い!

気になる価格だけれど、ベースグレードでもナビなどを標準装備しており365万円とのこと。詳細な装備内容は不明なので評価しにくいけれど、プリウスの60万円高くらいのイメージだろうか。カムリHVとは同じくらいだと思う。また、アメリカ仕様と共通ボディらしいので、日本車初のスモールオーバーラップ対応になる。

ボディサイズは全長4950mm×全幅1850mm。クラウンやカムリより一回り大きいアテンザが4860mm×1840mmなので、日本車最大級になる。ここまで大きいと開き直ってレクサスLSやベンツSクラスに乗ると思うしかない。逆にこんな大きいボディの燃費としちゃ信じられないくらい良い。驚くばかり。

注目したいには現在世界で最も転がり抵抗少ないといわれるタイヤ。果たしてどんな性能を持っているのだろうか? 試乗が楽しみです。発表は5月下旬。私もプリウスの後継モデル候補として考えている。果たして欲しくなるか? きっと自動ブレーキ装置さえ付けられるなら大いに気持ちは動くと思います。


3 Responses to “次期型アコード凄い!”

  1. 真鍋清 より:

    リッター30km!!!!
    日本発新しいタイプの大型セダンとして国際的にもアウディA6ハイブリッドの対抗馬足りうるか!?
    その割にはそんな革新的メカを包む「包装紙」としてのボディデザインが「古き悪しきアメリカ車」の水準で興ざめなのは如何なものだろうか。
    「母体」というべきエンジンは2.0リッターで143ps/16.5kgm…..2リッターと言うよりは「気の利いた1.6リッター自然吸気」の水準だが169psのモーターの助けでどれだけ多方面に駆動力を賄えるか。
    注目箇所に尽きない今度のアコードだが、モーターの息切れがどれだけ解消されているか、その点いかんではガラパゴス日本打破の「ターボディーゼルへのアンチテーゼ」になることも考えられよう。
    PS(追補)
    このたび新発表のアコードPHEV(プラグインハイブリッド)は、
    ①エンジン+モーター直結モード
    ②エンジンのみ
    ③モーター単独
    の三種のドライブモードが設定される辺り、ホンダとしてもよほどモーター能力に自信がある形跡が伺えよう。

  2. CVCC より:

    恐らく現時点でこのクラス最高のHVでしょうね。
    内装も、
    日本仕様に関しては、足踏み式パーキングブレーキを採用したり、木目パネルを使用したりと日本のセダンユーザーの好みにも合わせてきていると思います。
    性能はSAIやHSなど相手にならないですし、ISやクラウンHVも圧倒的に凌駕していますね。
    クラウンやISはあの価格でなぜあの性能なのか疑問は尽きません。
    外観は、個性的なフロントマスクですが、クラウンやISなども個性的な顔つきなので、埋没しないためにはいいのかな、と思います。
    個人的には、アメリカガソリン仕様の外観をベースに、初代アコードインスパイア風のグリルにテールランプにした方が上品な高級感が出て、セダン購入層なおじさま達にはウケそうな気がしますが、どうなんでしょうね?
    恐らくアコードHVの顔の特徴である「T字に繋がったヘッドライトからグリル」は、
    アーバンSUVコンセプトや次期日本オデッセイ後継車と目されるコンセプトMにも採用され、ベストカーの予想イラストにある次期フィットにも採用されているので、これからのホンダ先進性を表現するモチーフとしてアコードHVにも採用したんでしょうね。

  3. トムクロー より:

    今のインスパイアカッコイイです。外観プラス中身に興味があります。
    情報を見ても、燃費だけでなく走りも確保していることや制限速度以下でのシリース方式の領域が多いこと、これが試走を繰り返したメーカの出した答でしょう。
    私も車が好きでこんな車があればいに、という構想を考えます。某メーカの800万級の車こんなの買う人いるのかと思うと結構売れている。金持ちはメカオンチが多いもっともそれを見越してしているメーカも立派。AC-HVが高いというアホもいるのであなたは金持ちになるかも。
    私の構想を具現化するような車を出してくれるメーカが好きになります。他の投稿にもインサイトにMMCをじゃないですが、私もリベンジインサイトが(後席広い)いいと思います、システムはDCDでもCRXでも!失礼

このページの先頭へ