次期型ノアHV

トヨタのお膝元である名古屋でプリウスの値引きが拡大している。ここにきて一声30万円。粘れば35万円以上の値引きも引き出せる状況(ディーラーオプションを含め40万円見積書を見せてもらいました)。興味深いことにアクアの値引きは厳しく、10万円程度。最大で15万円となってます

プリウス35万円引き。アクア10万円引きだと、車両価格の差を埋めてしまう。それでもアクアを買う人が多いことを考えると、ユーザーのタイプからして違うということです。また、カローラHVは値引き極めて少ないため、実質的にプリウスの方が安い。燃費もプリウスに届くまい。だったらプリウスかと。

また、部品業界の情報だと秋からプリウスを減産するようだ。同じパワーユニットを使うノア/ヴォクシーをたくさん作る、ということなんだと思う。アメリカで
の売れ行きを見てるとプリウスも好調なように見えるが、さすがに今の台数をキープしていくのは難しいということだろうか?

ちなみにノア/ヴォクシーは2,5リッターユニットを使うというウワサもあったが、コストパフォーマンスの高いプリウス用を使う。その気になればプリウスと同じくらいの価格に抑えてくることも出来ることだろう。ミニバンって乗用車と比べると割安感あります。爆発的に売れる可能性出てきた。

日産とホンダにとって脅威である。ただ高価なら売れ行き伸びまい。トヨタがどんな価格設定をしてくるのか楽しみ。日産はセレナにハイブリッドを導入するまで下を見て2年。ホンダもステップワゴン用のハイブリッドとなれば、1モーターじゃ無理。アコードHVのシステムじゃ高いし。

そういった点からすればまだまだトヨタは強い。プリウスの減速は少しばかり寂しいですけど。


One Response to “次期型ノアHV”

  1. 名古屋人 より:

    名古屋の話題豊富で嬉しいのですが、トヨタ自動車の海外生産増加に伴って愛知県内の県民の収入がリーマン以降、一割以上も下がっているそうです。
    正社員を増やさず、契約社員ばっかりで愛知県内の小売り飲食の消費も厳しさを増すばかりです。
    愛知球博前から他府県ナンバーが増加していました。考えられなかったのが関東東北等のナンバーを見かける事です。
    西のナンバーは昔から見かけましたが、今後は愛知県の景気悪化に伴って東北方面ナンバーの減少が始まりそうです。
    愛知県で見かけるプリウスは地元ナンバーばかりですが愛知県は自動車保有台数日本一ですから、愛知県の販売で日本のランキングに大きな影響がありますから。

このページの先頭へ