盗犯防止アラーム

トヨタ車の多くにオートアラームが付いていない、という件、現在発売中のベストカーで分析してみた。トヨタ車だけ集中して被害に遭っている現状を考えると、装備することがユーザーのメリットになると思う。同時に、現在トヨタ車に乗っている人への注意喚起となれば嬉しい。ジツはもう一つの狙いがあります。

ベストカーというメディアで最初にキッチリ取り上げておけば、とりあえず新聞やTVは無視する。2番煎じを嫌うからだ。この間にトヨタが何らかの対策をすすめればよし(標準装備化が望ましいけれど、理論武装という手もある)。いずれにしろ時間稼ぎできることだろう。イキナリ大手メディアに叩かれると厳しい。

大手メディアが暴走を始めると手に負えぬ。前回のアメリカでの暴走問題の時は、プリウスのブレーキ抜けのタイミングと重なった。そんなことからTVや新聞の取材を多数受けると同時に、類似事故の分析も毎日のように頼まれた。全てが「ドライビングミス」でございました。アメリカの暴走事故だって真相は不明。

その際、大手メディアの人に「トヨタに限らず自動車メーカーは正しいことを言っている限り受け止めるけれど、間違いだったら本気で反論されます」と、真贋の根拠があるものだけ伝えるよう進言。皆さん理解していただき、結果として根拠や原因不明のデタラメな事故を報じたのはNHKとTV東京だけだった。

この二つも第一報だけ。他のメディアが完全無視したため、その後は報じなかったですけど。いずれにしろクルマのユーザーが得するすることこそ私にとっての最優先事項。その際、できれば自動車メーカーのダメージも最小限に終わった方がよいと考えています。そういった意味じゃモリゾウ社長は潔かった。

プリウスのブレーキ問題の時は、自ら「ブレーキが抜ける感覚」と発言。短期間で対応しちゃいましたから。メーカーの問題点に対し口をつぐむのはユーザーにとって得にならない。繰り返しになるけれど、ウソじゃないことを書いて怒るのは一部のインポーターだけ。いや、部品メーカーも含まれるか‥‥。

ベストカーの記事に対し「あんなこと書いたらトヨタから出入り禁止になるよ」とオートメッセの時に多くの人から言われた。そんなメーカーじゃない、と思っているのでご安心を。

・ECOカーアジアは「B787の電池問題続き


One Response to “盗犯防止アラーム”

  1. アミーゴ5号 より:

    ベストカーの読者のモリゾウ社長が読んだら、即、対策チーム編成と具体的な企画・実行プランの作成を指示すると思います。
    というか、カーガイのモリゾウ社長が動かない訳がありません。
    もし動きがなければ、取り巻きが情報をいれていないのでしょう、きっと。さすがに隅から隅までは、読んでないでしょうからね。

このページの先頭へ