自転車の逆走

本日から道交法が改定され、自転車の逆走は罰金の対象になることとなった。そもそも自転車の逆走問題は警察が突如「自転車は車道を走れ!」と言い始めたため顕在化したもの。今後、ドンドン屋上屋を重ね始めることになると思う。しかも今回の改定、実効性という点で非常に疑問。取り締まりが面倒だからだ。

自動車のような「反則金」であれば、警察官が「おいこら!」で切符切れる。駐車違反なんか昨日までソコラのおっさんだった輩が突如権力を公使出来るようになってしまう。1万5千円という高額を簡単にフンだくれる仕組みだ。一方、今回の改訂だと「罰金」。つまり一件一件、調書取って起訴しなければならない。

普通の犯罪と同じなのだった。これは警官にとっても面倒。したがって自転車の逆走の防止効果としちゃ極めて弱いと考えます。やがて反則金制度のように簡単なシステムを導入することになるだろう。ということで本日から自転車の逆走が減ると期待している人にとっちゃガッカリかと。事故も減らないです。

現在販売中のベストカーの達人コラムで書いた通り、自転車のマナーはあまりに酷い。東京の青梅街道で調べたところ、駐車車両を避けるのに全く後方確認をしないで進路変更してくるケースが大半を占める。クルマが避けるモンだと信じきってるのだろう。怖くないんだろうか? いろんな意味で問題解決は遠い。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ