軽自動車税は1万800円か?

日経が「軽自動車税を新車から1万800円にする」と報じている。御存知の通り軽自動車税って地方税。「標準」は7200
円となっているけれど、1,5倍まで自由に決めてよい。財政破綻した夕張市など、すでに1万800円です。つまり1万800円までなら法規を変えなくても対応出来るのだった。

この情報が正しければ、軽自動車ユーザーも一息付けるだろう。ただ「燃費によって税金を変える」という検討もされていたようなので、1万800円で終わりだと思わない方が良いと思う。そもそも軽自動車税を新車に限って1,5倍としただけじゃ税収不足は全くカバー出来ない。少なくとも全て1万5千円が必要。

また、商用車についての情報は無い。最も商用車の場合、軽自動車が4千円で一番ランクの低い小型商用車は8千円。中間を取った6千円にするしかありません。繰り返しになるけれど、私の予想以上に小規模だった軽自動車税上げが、これで一段落することを強く願う。第2弾はご勘弁頂きたい。

もう一つ。1リッター車の自動車税を安くする、という話も出ているようだけれど、これまた予測出来ない。そもそも軽自動車税を大幅に上げるための方便として論議されてきたものであり、値上げ幅が少なければ反発少なく、あえて自動車税を下げる必要も無いと思う。減税になれば電気自動車乗りは嬉しいですが。

軽自動車税上げはTPPとの絡みだと言われてきた。しかし今やTPPが10年規模になったため(10年先など、どこの国だって読めない)、様々な対応策が先延ばしになっている。自動車について言えば、おおよそ5年のスパン(新車開発期間)で考えればOK。ということで大規模な”構造変換”は少し先になります。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ