輸入車値上げrへ

円安の進行で輸入車の値上がりが始まりそうだ。円とユーロの為替レートをいくらに設定しているのかインポーターによって違うため不明ながら、500万円で売るクルマの仕入れ価格を300万円とした場合、10%の円安(1ユーロ120円が1ユーロ132円になったようなケース)になると30万円もの差になる。

かといって簡単に値上げできない。今までの円高ユーロ安でインポーターは値下げしなかった。理由を聞くと「為替の変動で価格を変えるようなビジネスはしない」とか「決算は円で行っているので為替に影響されない」。したがって今回の円安局面を受け、為替の変動を理由に値上げすることなど出来ないだろう。

実際は円高で値下げこそしなかったものの、実質的に20%引きという大バーゲンセールをやってました。だから私も「輸入車は買いだ!」と書いてきた。今後、輸入車は為替の変動以外の理由を考え、値上げしてくること間違いなし。というか為替の変動を理由にしたら、次の円高で値下げしなければならぬ。

急いで買うべきはボルボV40とBMW3シリーズだ。この2車種は今までの輸入車相場を考えたらリーズナブル。ベンツSLKのマニュアルやボクスターあたりもお買い得プライスである。なかでもV40はバックオーダーがたくさん入る人気度だからして、値上げのハードルは素晴らしく低い。急げ急げ!


One Response to “輸入車値上げrへ”

  1. 白木 晴幸 より:

    ボルボV40が山ほどバックオーダーを抱えれば、国産メーカーも少しはユーザーの志向を理解できるのではないでしょうか?

このページの先頭へ