静音車に乗っている人に朗報

先日「西武バスはホーン以外のチャイムを鳴らして走ってる。だったらリーフなど静音車にも付けられるのか?」と書いたら、知人が「チョイモビにホーン以外のピヨピヨ音が付いてます」という動画を送ってくれた。なるほどピヨピヨだ。それにしてもアッサリとOKになったもんです。

ちなみに現在装着されている幽霊のような音は、目の不自由な方を集めて行った実験などで意見を聞いたもの。決める際、さんざんモメた。全て茶番でしたね。私もリーフに何らかの走行音が出るようにしてみようと思う。ただどんな音にすべきか大いに迷う。歩行者に不快感を持たせたらダメ。

とりあえずチョイモビのピヨピヨ音か、バスの「ピンポン。ピンポン」ならすでに認可されているらしいから、そいつですかね。オン/オフスイッチと、ボリュームも付けておけば万全。電気自動車やハイブリッド車に乗っていて歩行者や自転車でヒヤリとした経験を持つ方は考えたらいい。

以前ながら歩道と車道の無い道だけ気を付ければよかった静音車ながら、最近自転車のマナーがデタラメになったため、注意すべき状況は格段に広がった。中にはイヤホーンしながら走って居る強敵も。こういった輩には指向性のあるスピーカーで大きめの音を出すと良いかもしれません。

一方、ムダな走行音は近隣住民の迷惑になる。静かな地域だと、ハイブリッドや電気自動車のインバーター音だけで十分。聞いた方が気持ち良く受け止められる「音」って無い物だろうか? 以前日産がハリウッド映画の効果音担当に依頼して作ったという走行音が気になります。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ