韓国勢、踊り場に

この数ヶ月、韓国の低迷を示すシグナルがたくさん出始めた。4月10日売り号のベストカーにもソウルショーで感じた「踊り場」の雰囲気をレポートしている。決定的だったの、ウォン高だ。基本的に高コストだった韓国車の輸出がイッキに厳しくなった様子。驚いたことに韓国工場の生産を20万台落とすことを決めたという。

海外の工場の操業率は今のままでキープするというから、明らかにウォン高対策です。日本の企業だと、ここまで明確な操業率の低下策は取らない。2008年のリーマンショックの時ですら、作ったクルマを保管しておく場所が無くなるまで生産を続けた。それでもメディアからさんざん叩かれたのは記憶に新しい。

現代自動車を見てると、全く躊躇わず生産減を行うという。そこには「国のため」とか「従業員の仕事を確保する」と言った気配り無し。「なりふり構わず」という表現が適切かもしれません。これは韓国の企業の強されでもあるし、長い目で評価した時の弱さになるかもしれない。いずれにしろ破竹のイキオイは完全に止まった。

もう韓国勢は驚異じゃないのか? と聞かれたら、即座に「いいえ」と答える。このまま低迷して行くとも思えない。とりあえず短くて1年。長ければ3年くらい続くだろう踊り場に入ったのみ。日本はこの間に主として技術力で韓国勢を突き放さないとアカンです。現時点で「精算」したなら、完全に追いつかれてしまっている。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ