CX-3

最近元気なマツダながら、ここにきてCX-3の情報が海外から流れ始めている。もちろん日本のWebでも話題になってます。全く確証のない「ヨソウ」(逆から読むと?)ながら、話のネタなど。まずシャシだけれど、次期型デミオと共通。と言ってもマツダの場合、かなりフレキシビリティがあるのだった。

なんたってアテンザとアクセラだって共通性高い。他のメーカーの「共通」より自由度あると考えていいだろう。
搭載されるエンジンは、1,3リッターターボだの1,5リッターディーゼルだのというウワサが流れている。エンジン担当は人見さんなので、小排気量過給エンジンの可能性ゼロだと思ってOK。

基本はアクセラに搭載されている1,5リッターのスカイアクティブG+6速ATだろう。こう書くと
「CVTじゃないの?」と思うかもしれないが、海外市場を考えると信頼性の高いトルコン多段ATかと。JC08でヴェゼルと同等の20km/Lくらいを狙ってくるハズだ。車両価格さえリーズナブルならイケるかも。

気になるディーゼルは、欧州市場を考えたら絶対必要。その場合、スカイアクティブGをベースにした1,5リッター4気筒か、2,2リッターディーゼルを3気筒にした1,6リッターというチョイスになる。熱効率でも、排気ガス対策の容易さでも後者に軍配が上がるだろう。私なら3気筒を選ぶ(根拠のない予想)。

3気筒ディーゼルを搭載し、20km/Lくらい走るカッコ良いSUVの4WDが250万円くらいで出てきたら、世界規模で市場はあると思う。私も欲しくなりそう。そういえばアクセラのディーゼルに公道で試乗していない。アクセラのディーゼルも素晴らしいクルマなので、ジックリ乗ってみたいです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ