2リッターDで440Nm! 速いです! 

ボルボはV40やXC60などに搭載されている『D4』と呼ばれるエンジンをパワーアップするキットを発売した。D4は2リッターで190馬力/400Nmとノーマル状態でも十分パワフル。そいつに『ポールスター』なるロムチューンを行えば、200馬力/440Nmになるというから素晴らしい!

9172t

試乗してみたが、10馬力のアップはハッキリ解らなかったものの、40Nmという10%も太くなったトルクについちゃよ~く解ります。アクセル開けた時のレスポンスも良くなった。驚くのは何の副作用も無い、ということである。マツダにデミオDのパワーアップを聞くと「難しいです」。

排気ガスのクリーン度を始め、ミッションの容量に至るまでパワーアップを許さないのだという。ボルボといえば、排気ガスも全く問題なし。ミッションだって耐久性を含め、メーカー保証が出来るほど信頼性高いそうな。いわゆる「余力のある設計」というヤツなんだと思う。

価格も18万8千円! ちなみにボルボには『D5』という高性能型ディーゼルもあり、それのスペックは225馬力/450Nm。D4との価格差は30万円以上あるため、なかなかのコストパフォーマンスだと思う。V40に4,5リッターガソリン並の440Nmを組み合わせると、もはやスポーツモデルだ。

9171t

その他、ボルボは自動ブレーキのセンサーについても『赤外線レーザー』と正しく表記するなどフェアである。万一衝突してしまった時の安全性についていれば、同じ車格通しの比較なら間違いなくNo1だと考えます。いろんな意味で王道を行くクルマ作りだと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ