電気自動車が一番安い?

長崎県の上五島という島に来て驚いた。3年前に来た時はi-MiEVのレンタカーを借りても充電に困る状況だったのが一変! 到着した「奈良尾」という港には急速充電器が並んで2基。20分ほど走った「若松島」というところの街中にも急速充電器2基。全て2基ずつ!

7191t

島の北側の「上五島役場」と「五島うどんの里」という施設にも2基ずつあるという。さらに泊まっている「榊」という宿には200Vの充電器まである。前回電欠になりそうで困ったのがウソの如し。上五島の広さなら電気自動車の航続距離で何ら問題なし。雪だって降らないし。

一方、ガソリンはリッター200円を超えている。プリウスの中古車が人気と言うことだけれど(島嶼部は錆びるため中古車のニーズ多し)、けっこう高いそうな。沖縄なども同じような状況にあります。という状況を見て「なんでリーフの中古車を持ってこないんだろうか」と思った。

上五島の移動距離なら基本的に自宅で充電すれば全く問題なし。島の一番遠いところに行くような場合だって急速充電器でカバー可能。だったら2年落ちで150万円のリーフが素晴らしい移動手段になってくれることだろう。私が中古車屋さんだったら島嶼用にリーフ集めます。

「電気自動車は都市部のもの」と考えている人が依然として多い。日産のパーマー副社長もe-NV200の発表会で都市部を意識してました。けれどこういった地域から、実需で電気自動車の普及は始まるんだと思う。私が上五島に住んでいたら、迷うことなくリーフの中古車に乗る。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ