MCヴィッツに乗ったら燃費良くて驚きました

一昔前まで新車はもちろんマイナーチェンジでも、ほぼ全てのモデルに試乗したものである。試乗する機会もキチンとあった。バイヤーズガイドを書くときなどは最後にハンドル握った記憶で評価しているため、本来ならマイナーであっても乗らなくちゃダメなのだろうけど、試乗会無いことが多い。

ヴィッツもそんなクルマの1台でした。考えてみたらマイナーモデルに乗っていない。本日、レンタカー使うとき選べたのでヴィッツにしてもらった次第。バリバリの新車で、1300ccの自動ブレーキ付き。ヴィッツといえばガタガタの乗り心地で印象悪かった。果たしてマイナーチェンジモデルやいかに?

するとどうよ! 全然良くなっている。ダンパーの動きがずいぶん滑らかになっているだけでなく、ボディの剛性感も上がっているかもしれない。販売状況は好調と言えないと聞くが、良いクルマです。広告こそ出しているもののクルマの良さが全く紹介されないため、売れなくて当然でしょうね。

燃費だって良い。境港駅から出雲大社まで往復143kmを高速や一般道交えて平均50km/hで走ったら21,1km/L。決してエコランしたワケじゃありません。このくらい走ってくれたら30万円高いハイブリッドを選ばなくても困らないと思う。普通エンジンの燃費、良くなりしたね!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ