VWの株を買って儲ける話

今日は儲かるかもしれない、というハナシです。VWの株価がずっと低迷している。9月に発覚したディーゼル不正ショックの直後、230ユーロ前後から100ユーロ前後まで落ちた後、年末に掛け130ユーロくらいまで戻したのだけれど、VWの対応に進展が見られず、さらにアメリカ当局も強硬な姿勢のままということで、120ユーロくらいをウロウロしている。

VWの株価の推移

大きな動きが出るのは4月下旬に決着するアメリカのリコール対策だと考えて良い。時期が近づいているのに株価上がらないということは、投資家もアナリストも最悪の状況を想定しているからだと思う。逆に考えると、今が最悪の評価だと言うことでもある。ちなみにVWが破綻するかとなれば、アメリカのディーゼル市場如きを失なったって全く問題なし。

そもそも2011年以降で58万台規模。持っている資産の規模を考えれば、暴走問題からV字回復したトヨタ以上かもしれません。もちろんダメになる可能性だって残っているけれど、確率から言えばマージャンやパチンコや競馬で勝つより圧倒的に高いと考える。加えて本日、円ユーロレートも有利。15時時点で1ユーロ123円。なかなか魅力的である。

100株買うと約148万円。1株160円まで戻し、1ユーロ135円になったら216万円。5年スパンくらいで考えれば、1株200ユーロの1ユーロ145円だってありうる。そしたらほぼ2倍の290万円。5年後に600万円のクルマ買うため300万円くらい投資するのも面白いと思う。参考までに書いておくと1年スパンで損得を考える人には絶対推奨しないです。

直近の円高でトヨタの株価も大幅に下落した。確かに円高は自動車メーカーにとってマイナス要因ながら、1ドル90円になったって赤字になる構造になっておらず。収益率低くなるだけ。といった点を短期目線の投資家の方々は理解出来ない。本日の5200円台は魅力的な株価だと思う。これまた5年スパンくらいで考えれば株主配当と合わせ美味しいかと。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ