なぜ新車販売台数が落ちる一方なのか?

国内の新車販売台数が伸び悩んでしまっている。2015年4月~2016年3月の販売台数は、軽自動車を含め約494万台。対前年比93.2%に留まった。ちなみに前年は530万台で、その前の年の569万台を下回っているから深刻だと思う。景気を見ると、良くはないものの悪くない。なぜ新車販売台数が下がっているのだろうか?

最大の理由は日本市場に「新型車が出ない」ことだと考える。直近の1年に登場してきた新型車を上げると‥‥

 1)スズキ バレーノ

 2)ダイハツ ブーン/トヨタ パッソ

 3)ホンダ クラリティ フューエルセル

 4)スズキ イグニス

 5)トヨタ プリウス

 6)ダイハツ キャスト

 7)スズキ ソリオ

 8)トヨタ シエンタ

 9)ホンダ シャトル

 10)レクサス RX

 11)マツダ ロードスター

 12)スズキ アルトラパン

と、これしかない。日産、スバル、三菱についちゃ新型車全く無し!<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ