アイオニックが出る前にトヨタのハイブリッド車は失速。売れない理由は?

2012年まで順調に伸び続けていたトヨタ製ハイブリッド車の世界販売台数が大きな壁に当たっている。数字を上げると、2012年に121万9千台。2013年は127万9千台。2014年が126万6千台。2015年120万4千台といった具合。新型プリウスを投入した2016年も厳しい状況のままだ。

なかでも厳しいのは北米市場。全てのハイブリッド車が落ち込んでしまっている。新世代パワートレーン発表会の際、担当役員にハイブリッド失速の原因を聞いてみました。すると「価格です」。高いから売れないのだという。もしホンキでそう考えているのなら、壁は越えられまい。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ