アイサイト、バージョン4じゃなかった~

圧倒的な性能を誇っていたSUBARUのアイサイトながら、ここにきて自動ブレーキ性能でも機能でも日産やマツダが採用してきた新世代システムに追いつかれてしまった(対歩行者ブレーキなど抜かれてしまった性能も出てきている)。今回、スバルが改良を行うというので取材に行く。

名称は「アイサイト・バージョン4」になるのかと思っていたら『アイサイト・ツーリングアシスト』とのこと。果たしてどんな性能か?

意外なことに、カメラなどハード面の変更は無かった。したがって対自動車や歩行者に対する自動ブレーキ性能の向上無し。これまでのVer,3でマツダや日産の自動ブレーキ性能に届かなかった「クルマの陰から急に飛び出してくる歩行者」に対しての自動ブレーキ性能はカメラ画角の変更が必要なため、今回対応出来なかったということになります(見える範囲の歩行者に対しては対応)。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ