アウディR8、華の無いデザイン除けばステキです!

アウディの新型R8に試乗したので紹介したい。前置きは後回しにして、まずコクピットに座ってスターターボタンを押した、と思って欲しい。すると610馬力を発生する5.2リッターV10エンジンが傲然と回り出す。試乗は富士スピードウェイの本コースである。R8くらいの性能持つクルマの性能をフルに楽しむならサーキットでしょう!

5111t

マニュアルレンジの1速をセレクトし、アクセル踏むと低い回転域で滑らかに走り出す。このくらいジェントルに走り出せるなら、街中でもストレスない。ミッションはツインクラッチのため、パドル操作すると同時にシフトアップ。このくらいのパワーあるモデルだと「マニュアルよりツインクラッチの方が速い」というのが今や常識になった。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ