アルトワークス、予想より割高でした。特にマニュアルは装備を考えると高価

東京モーターショーに出展されて話題を集めたスズキの軽自動車・新型アルトワークスが発売された。価格は150万9840円で、同じエンジンを搭載するアルトターボRS(129万3840円~)より21万6000円高い。4人乗りとして久しぶりに登場したマニュアルミッションのターボエンジンを選べるアルトワークスは、はたして魅力的な存在だろうか?

まずターボRSとの比較からチェックしてみよう。最大の違いは、前述の通りマニュアルミッション車をラインナップしてきたこと。といってもターボRSの 『AGS』と呼ばれる自動変速ミッションも、中身は5速マニュアルである。5速の変速機に油圧の変速装置とクラッチを取り付け、コンピューターで制御しているだけ。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ