コロナ/カリーナの末裔であるプレミオ/アリオンが9年目のマイナー

コロナの後継モデルに相当するプレミオ/アリオンが9年目のマイナーチェンジを行った。トヨタはエスティマで10年目のマイナーチェンジするなど、昔のクルマを復活させる動きが出ている。フルモデルチェンジをさせるより投資効率が良いということなんだろう。実際、エスティマはトヨタの予想を大きく超える反響があったそうな。果たして今回は?

まず変更の内容から。手法を見ると驚くほどエスティマに似ている。すなわちフロントを中心としたデザインの大幅なイメージチェンジと、低コストタイプの自動ブレーキの設定、そしてインテリアの変更だ。ほぼ同じ装備内容のグレードと比べ、マイナーチェンジ前から10万円程度の値上げを行っているのもエスティ マ同様である。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ