シビックタイプR、アメリカ390万円。日本で450万円か?

ホンダが新型シビックタイプRのティザー(全てを公開しないことによって興味を引こうとする訴求)を積極的に展開しているのだろう。間もなく日本でも発表される新型シビックタイプRの詳細が徐々に分かってきた。日欧で少量販売された先代モデルと違い、新型シビックタイプRは世界的規模でカタログモデルになる。

参考までに書いておくと、先代シビックタイプR、日本では750台の抽選販売で購入希望者が殺到したのだが、普通に買える欧州仕様は大量に売れ残ってしまった。やはりアメリカで売らないと台数を稼げないという結論を出したのだろう。新型はアメリカでも販売されることになる。

そもそもエンジンはオハイオ工場で生産しているため、アメリカで売らなかった方が不自然だったかもしれない。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ