スズキ・イグニス。なかなか魅力的でございます

軽自動車で苦戦続きのスズキが、『イグニス』という普通車ナンバー登録のコンパクトカーを出してきた。“国際戦略車種”という位置づけの新世代プラット フォームを採用しており、デザインもなかなか。まだ試乗会が行われていないためハッキリ言えないものの、850kgという軽いボディに1200ccエンジ ンを搭載しているため、動力性能は相当期待してよかそう。

また、簡便なシステムのハイブリッドを全グレードに採用し、JC08燃費で28.8km/Lという良好な数字をカタログに載せている。普通のクルマにも付 いている発電機を一回り大きくし、ブレーキ時に回生。加速時に軽くアシストする超簡易式なのだけれど、安価なレーザーを使う簡易式の自動ブレーキを「レー ダーブレーキ」と表記してしまうスズキらしさが出ています。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ