ダイハツ、ハスラー+N-ONE÷2

ここ数年、破竹の伸びを記録していた軽自動車ながら、消費税率アップを境に厳しい状況になっている。今年3月は販売シェアを確保すべく多くの軽自動車メーカーが大量の自社登録(売れたことにして登録台数伸ばすこと)を行うなど、消耗戦になりつつあるようだ。

なかでも厳しいのはダイハツ。ライバルのスズキには、燃費でアルトに負け、ユニークなモデルという点でハスラーやラパンに遅れを取 り、自信満々で出した新世代自動ブレーキまでスペーシアと比べれば明らかな性能不足という状況。ここまで追い込まれれば、「背に腹はかえられぬ!」ということなんだろう。ナント! ライバルをパクっちゃいました。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ