ダンパーの錆問題。その後

まず写真を御覧頂きたい。足回りの重要構成部品『ダンパー』(正式名称はショックアブソーバー)上端部に発生した錆である。この写真を私のWebで紹介したところ「大丈夫なのか?」と、大騒ぎになった。実際、上端部が壊れると減衰機能を全く失い、走行安定性は著しく悪化してしまう。

クリックで大きくなります

しかも新車で購入して3年も経ってないのに、ここまで錆びていたというから驚く。外部から確認出来る部分の錆なら気がつくため対応可能。けれどダンパー上端部には金属または樹脂のカバーが掛かっており、車検時の点検でもチェックしない。突如ダンパーの破壊に結びつくということ。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ