テスラP100D、バンジージャンプの加速を平地で味わえる?

電気自動車などECOカーの記事は世界的に人気が薄い。ガソリン高騰中や、環境問題真っ盛りの時節柄であれば「道具」として重要とされるものの、昨今のように安定したガソリン価格や、地球温暖化問題も若干沈静化してくると、クルマとしての面白さに欠けるECOカーは関心も薄れるんだと思う。そんな状況の中、北米の電気自動車メーカー「テスラ」の売れ行きが伸びている。

今回紹介する「テスラ モデルS」は、1000万円級の高価なクルマながら、国や地域によっては日産 リーフと拮抗する販売台数を記録。クロスオーバータイプの「モデルX」の受注状況も順調だというし、まもなく発売される「モデル3」など、テスラモーターズの発表によればバックオーダーが37万3000台もあるらしい。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ