トヨタ、アクアにも自動ブレーキ。続々と装着可能車種を増やしている

トヨタは自動ブレーキを大半の車種で選択出来るようにすることを目標とし、準備出来た車種から搭載し始めたが、驚くことにフルモデルチェンジやマイナーチェンジだけでなく、変更規模の小さい年次改良で自動ブレーキを選べるようになったケースすら出てきた。好例が今や日本のベストセラーカーになったアクアである。

アクアは2014年12月にマイナーチェンジを行い、車体の溶接箇所を増やしたり、ロングドライブで燃費を伸ばせるクルーズコントロールなどを装備するよ うになった。当時のタイミングでは自動ブレーキの開発が間に合わなかったのだろう。2015年11月に突如『セーフティセンスC』という自動ブレーキを選べるようになった。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ