トヨタの新型自動ブレーキの実力は?

自動ブレーキ技術で大きな遅れを取っていたトヨタながら、やっと『セーフティセンスP』と呼ばれる新しいシステムを投入してきた。新型プリウスなどに採用されており、オプション設定される場合、8万6400円となる。果たしてどんな性能を持っているだろうか? カタログに出ていない性能を含め、ジックリ紹介したい。

トヨタの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」は新型プリウスにも採用!

まず「現時点で実用化されている世界最高性能の自動ブレーキは?」と言えば、スバルの新型車に採用されている、センサーとしてカラーのカメラを二つ使う 『アイサイトver.3』となる。大雑把に性能を説明すると、停車している車両にノーブレーキで突っ込んでいった時の自動停止可能な速度は公表値で50km/h。実力値だと55km/hを超える。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ