トヨタWRC、スウェディッシュのSS1でTOPタイム!

ラリー関係者全員驚いた! 何とWRC第2戦のスウェディッシュラリーのSS1でトヨタのラトバラがTOPタイムをたたき出したのである! WRCに参戦して2回目のラリーで、1,9kmという短いSSとはいえTOPタイムを出したのだから素晴らしい。開発期間の短さを考えたら驚くべきことだと思う。

ちなみに前日行われたシェイクダウン(レースでいうフリー走行のようなもの)でラトバラは10番手タイム。この順位は、いわゆる「三味線を弾く」(ライバルに実力が解らないよう手抜きで走る、というレース用語)という走りだと思っていたけれど、よもやTOPタイムを出すとは予想もしていなかった。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ