トヨタWRC、1日目終わってラトバラが2位!

WRC第2戦スウェーデンは1日目終わってトヨタのラトバラが2位につけている。開幕戦モンテカルロの2位は上位の脱落に助けられたもので1位とのタイム差も少なくなかったけれど、今回はリザイトを見ていただければ解る通り、TOPのヌービルと28,1秒差。そして3位のタナックから21,6秒のリード奪っている!

1.  5  1:16:24.7 ヒュンダイ  ヌービル
2.  10  1:16:52.8 トヨタ    ラトバラ
3.  2  1:17:14.4 フォード   タナック
4.  7  1:17:16.5 シトロエン  ミーク
5.  1  1:17:20.4 フォード   オジェ
6.  4  1:17:42.5 ヒュンダイ  パッドン
7.  6  1:18:05.0 ヒュンダイ  ソルド
8.  8  1:18:19.0 ブリーン   シトロエン
9.  3  1:19:26.2 エバンス   フォード
10.  15  1:19:48.3 ルフェーブル シトロエン  

雪という条件でいながら驚くほど高い速度で競われるスウェーデンは、基本的に北欧出身のドライバーが強いけれど(タナックはエストニアで北欧に似た土地柄)、やはり車両のポテンシャル低ければいかんともしがたく上位に食い込むことなど不可能。トヨタの実力は予想していたより高いと考えていいだろう。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ