バックミラー無しでOKに! ただ時期尚早だと思う

国交省は、早ければ2016年6月から全てのミラーのカメラ代用を認めるという方針を打ち出した。すでに日産などはルームミラーのカメラ併用(スマートルームミラー)を開始しているし、ドア横のブラインドスポットカメラ設置のSUV車も増えている。そして新しい基準では、さらにバックミラー類もカメラでOKにしようというもの。

確かにカメラにはメリットも多い。ボディ形状にかかわらず車体後方の画像を死角無しに表示できるし(パトカーの発見も容易?)、夜間など暗いときにも明るい画像を提供出来る。前方にヘッドアップディスプレイなどで表示してやれば、車線変更時の接触事故を撲滅出来ると思う。ただ、バックミラーの完全カメラ化は時期尚早だと考える。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ