バックミラー=カメラ化のメリットを改めて考えてみたい

現在、クルマ後方の状況を確認するためミラーが3つ設置されている。そのうち、室内に取り付けられている『ルームミラー』は機能しなくても問題ないとされてます。荷物を積めば見えなくなることだってあるし、そもそもトラックなどルームミラーを装着しても物理的に見えません。

ということから、すでに日産は後方に向けてセットしたカメラで撮影した画像を、ルームミラー形状の液晶画面に表示するという技術を採用している。 ただし、外部に装着してある『ドアミラー』は本物の鏡を使わなければならないという法規が適用されるため、液晶画面にすることは出来ない。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ