フォレスター、圧倒的な安全性能に

昨今の日本車の売れ行きを分析すると、コンパクトカーにミニバン、SUVが大きな柱になっている。燃費が良くてリーズナブルなコンパクトカーは日常の道具 だし、3列シートのミニバンも子供の居るファミリーからすれば必需品。SUVのみが“クルマ好き御用達の嗜好品”というイメージ。…という中で、スバル・ フォレスターがマイナーチェンジを行った。

スバルの本格SUV フォレスターがマイナーチェンジこのクラス、フォレスターとマツダCX-5、そして日産エクストレイルが売れ筋。それぞれ得意技を持つ。CX-5はパワフルなディーゼル、エクストレイル と言えばハイブリッド。省燃費エンジン持たないフォレスターの売りは自動ブレーキのアイサイトといった具合。今や「事故を回避出来る能力持つ自動ブレー キ」のニーズも高いのだった。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ