フォレスター、MCで世界一事故回避性能が高いSUVに

日本車最強の、いや世界最強と言って良い雪道性能を持つスバル・フォレスターがマイナーチェンジを行った。今回の変更で目立つのは昨今ニーズの高い自動ブレーキに代表される「事故を未然に防ぐための装備」の充実となっているけれど、クルマ好きとしては「乗り心地&質感の向上」も大きい。最初から持っていた雪道性能と安全性能に加え、クルマとしての魅力が増したのだった。

マイナーチェンジで、クルマとしての魅力も大幅アップ!

まず安全性能。今までのフォレスターも『アイサイトver.2』という世界TOPクラスの性能を持つ自動ブレーキ付きを選べたが、今回『アイサイト ver.3』にグレードアップしている。カメラをモノクロからカラーにした上、視野角も大きくして広範の情報を得られるようになった。さらに後方、および死角となるナナメ後方の安全を確認するレーダーも付けられるため、クルマ全周の状況が読めます。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ