フォードに日本撤退は当然。全くヤル気を感じませんでしたから。GMも時間の問題か?

販売不振のためフォードが日本市場から年内に撤退することになった。当然だと思う。フォードの日本法人は、日本でクルマを売る気があるように見えなかったからだ。同じく全く売る気を感じないGMの撤退もあり得る。納得出来ないのは、通商&貿易のトラブルが発生する度に「日本の非完全障壁のためアメリカ車が売れない」と文句を付けられること。以下、状況を説明しよう。

現在、日本の輸入車市場は決して悪くない。むしろ微増という状況にある。VWはディーゼル問題で販売台数減となったものの、ベンツもミニを含むBMWも好調。そんな中、フォードやGMは全く売れていない。なぜか? 販売努力を全くしていないからだ。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ