プジョー308GTi270。羊の皮を被ったライオン?

現在、 世界最強の1.6リッターエンジン といえば、「プジョー RCZ」に搭載されている270馬力/330Nmの直噴ターボである。何と リッターあたりの出力に換算すれば169馬力!日本最強のエンジンとなった「ホンダ シビック タイプR」用の新開発2リッター直噴ターボがリッター155馬力だから、そいつを余裕で凌ぐということ。

3011t

このエンジンを、日本車で言えば「マツダ アクセラスポーツ」級のボディを持つ5ドアハッチバック 「プジョー 308 GTi」 に搭載してきたのだから驚く。プレスリリースにも「プジョー量販車史上最強のホットハッチ」と書いてある。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ