ホンダ、N BOXのフルモデルチェンジを先送り

2011年12月にデビューしたホンダの軽ハイトワゴン“N-BOX”がすでに6年目を迎えた。軽自動車のモデルチェンジサイクルは4~5年ということもあり、2016年後半に新型車を発売すると言われていたけれど、どうやら1年程度延期されるらしい。なぜか?現行モデルの売れ行きが依然として好調だからである。

N-BOXは11月こそノートに負けたものの、今でもプリウスと激烈なTOP争いを繰り広げており、全く勢いが落ちない。しかもN-BOXの売れ筋モデルにオプションを加えれば200万円近くなり、利益率だって上々。伸び悩む国内販売を横目に、ホンダの稼ぎ頭となってます。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ