ホンダ日本市場で大苦戦。大要因はデザイン?

本来なら日本市場の稼ぎ頭となるべき、フィットとステップワゴンの売れ行きが伸び悩んでしまっている。なかでも厳しいのはステップワゴンで、大幅値引きしてもダメ。「売れない理由の一つがデザイン」と八郷社長も認識しているらしい。間もなく行われるマイナーチェンジでフロントのデザインを大きく変更してくる模様。

確かにホンダのデザインは、日本のユーザーから全く評価されない状況となっている。前出のステップワゴンの場合、車内の使い勝手やエンジン性能、ハンドリングなどノア3兄弟やセレナと比べ、勝るとも劣らず。かくいう私もステップワゴンを所有しているけれど、大きな不満なし。なのに売れ行きは超低迷している。デザインが悪いからだ。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ