ホンダF1とトヨタWRCの明暗はどこから来る?

サーキットを使う先端技術で競われるF1と、一般道を舞台に開催される世界で最も観客数の多いWRCはモータースポーツのTOPカテゴリーである。御存知の通り2015年からホンダがF1にエンジン供給を開始。トヨタは18年間の休止を経て今年WRCに戻ってきた。そして昨日、F1上海GPとWRCフランスが開催されている。結果を見ると見事な明暗となった。

今年のホンダF1は開幕前のテストからトラブルが相次いだ。エンジン単体で開発試験をしていた時は「いけるだろう」と思われていたのに、マクラーレンの車体と組み合わせてみたら激しい振動(振動の周波数が重なる共振という現象)に見舞われ様々な部位に不具合を出してしまう。開幕戦のオーストラリアGPまでに行った対策も抜本的なものでなかったらしく苦戦。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ