マツダ、赤字覚悟でロータリーエンジン搭載車を作る?

マツダは本当にロータリーエンジン搭載モデルを開発するだろうか?売れるか売れないかを基準とすれば、99.9%失敗だと考える。今や燃費が悪いロータリーエンジンのニーズなど無いからだ。だからこそRX-8も尻すぼみになって終わってしまった。

ましてや「800万円のロータリーエンジン搭載車」など巨額の赤字を作るのみである。一方「ロータリーエンジンこそマツダの魂だ!」みたいに主張する強硬な右派も少なくない。社内だけでなく外野にも存在する。だからこそ ロータリーエンジンを取り上げた記事 を書くと、少なからぬアクセス数になるのだった。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ