ミスや疾病による暴走事故撃退の可能性が出てきました!

現在普及している自動ブレーキは、心臓発作など症状出た時にノケぞるタイプの疾病によるアクセル全開事故や、アクセルとブレーキの踏み間違い起因の事故に対応出来ていない。前方に障害物あっても、アクセルを開ければ自動ブレーキがキャンセルされるからだ。ここまで読んで「キャンセルしなくてもいいのでは?」と思うかもしれません。

残念ながら今のところ、自動ブレーキに使われているセンサー類は「100%確実」というワケにいかない。例えば高速道路を走行中、誤感知して減速を開始したらどうか?後続車に追突される危険性が出てしまう。そんなことから、ドライバーの判断でアクセルを踏んだ時は自動ブレーキの制御をキャセルするようになっている。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ